非木造の冷蔵倉庫の取扱いについて

平成24年度から、非木造の冷蔵倉庫(保管温度が10℃以下に保たれる倉庫)の固定資産税について、評価額の計算方法が変更されます。今までこれらは、「一般倉庫」と同じ扱いとされていましたが、平成24年度からは「冷蔵倉庫」は「一般倉庫」に比べ、家屋の評価額が早く減少する計算が適用されることになります。
つきましては、あらかじめ非木造の冷蔵倉庫の所有状況を確認させていただきたいと思いますので、市内に所有する倉庫が非木造の「冷蔵倉庫」に該当するかたがいらっしゃいましたら、税務課固定資産税係までご連絡くださいますようお願いします。
なお、倉庫内に単に冷蔵庫を設置している場合につきましては、このたびの改正による変更はございませんのでご連絡は不要です。