熱中症にご注意!!

近年、増加している熱中症。日常に潜む危険や救急処置など正しい知識を身につけて、 暑い季節も安全に過ごしましょう。

熱中症とは

「熱中症」とは、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスがくずれ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態です。

屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症 こんな日は要注意!!

  • 気温が高い   
  • 湿度が高い    
  • 風が弱い    
  • 急に暑くなった          

室内でも高温多湿、無風の場合は、熱を体外に放出できないので危険です。

現在の大館市の暑さ指数(WBGT湿球黒球温度)を参考に、適切な行動に心掛けましょう。
(※暑さ指数とは湿度、輻射熱、気温の3つを取り入れた指標です。)

熱中症の予防方法

  • 暑さを避けましょう。

  (扇風機やエアコンの利用、日陰や遮光カーテン、すだれの利用、日傘や帽子の着用、換気など)

  • こまめに水分を補給しましょう。汗をかいた時には塩分の補給も忘れずに。

  (のどが渇かなくても水分補給)
  ※環境省作成リーフレットより

熱中症予防.jpg

 

特に高齢のかた、小さなお子さんは熱中症に十分注意しましょう。

高齢のかた

高齢のかたは温度に対する感覚が弱くなるために、日差しが直接当たらない室内でも、熱中症になることがあります。
加齢とともに、汗が出にくくなったり、水分が不足した時に体に水分補給の指令を出す脳の働きが弱まったりします。腎臓の働きも低くなるので、尿に老廃物が排泄されにくく、 水分だけが排出されてしまいます。
また、夜間の頻尿や尿漏れの心配から水分摂取を我慢するかたも多いですが、非常に危険です。

小さなお子さん

小さなお子さんは体温調節機能が十分発達していないため、熱中症にかかる危険は大人より高くなります。 
また、地面に近いほど気温が高くなるため、晴れた日に外出する場合、身長が低いお子さんは大人以上に暑い環境にいますので、注意が必要です。 

熱中症に関する情報

このページに関するお問い合わせ

大館市 福祉部 健康課 健康づくり係
〒017-0897
秋田県大館市字三ノ丸55番地
TEL:0186-42-9055
FAX:0186-42-9054
e-mail:kenko@city.odate.lg.jp