小児(5歳から11歳まで)の接種について

小児(5歳から11歳まで)の3回目接種のご案内

接種日程

 〇対象:2回目の接種から5カ月以上経過している
     3回目の接種日時点で、5歳から11歳までのかた
 〇予約受付:2月1日(水) 9時~各接種日前日の18時
 〇使用ワクチン:ファイザー社製小児用ワクチン(従来型)

 〇日程・会場

立総合病院
3回目
2月13日(月)
3月7日(火)
実施時間
(各日定員)
17時~17時30分
(30人)

○郵送している接種券は12歳になった後も使用できますが、12歳になってから接種を受ける場合は、12歳以上のかたを対象とした接種日程でお申し込みください。

○接種の会場に親権者以外のかた(祖父母など)が同伴する場合は、親権者からの委任状が必要です。こちらからダウンロードして記入の上、お持ちください。

小児(5歳から11歳まで)の1・2回目接種のご案内

接種日程

 〇対象:1回目の接種日時点で、5歳から11歳までのかた
 〇予約受付:2月3日(金) 9時~12日(日) 18時
 〇使用ワクチン:ファイザー社製小児用ワクチン(従来型)
 〇日程・会場

  
立総合病院
1回目
2月13日(月)
2回目
3月7日(火)
実施時間
(各日定員)
17時~17時30分
(20人)
○郵送している接種券は12歳になった後も使用できますが、12歳になってから接種を受ける場合は、12歳以上のかたを対象とした接種日程でお申し込みください。

○接種の会場に親権者以外のかた(祖父母など)が同伴する場合は、親権者からの委任状が必要です。こちらからダウンロードして記入の上、お持ちください。

インターネットで予約

インターネット予約はこちらから

小児(5歳から11歳まで)の接種対象者

接種日時点で、5歳から11歳までのかた

特に、慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有するお子さまは、接種を受けるかどうか、かかりつけ医などにご相談ください。

注:接種には保護者の同意と同伴が必要です。

注:12歳以上のかたは、12歳以上用のワクチンを接種します。

使用ワクチンと回数・間隔・対象年齢(令和4年9月6日時点)

1・2回目接種
3回目接種
ワクチン
ファイザー社(5~11歳用)
従来型
ファイザー社(5~11歳用)
従来型
接種間隔
通常、3週間(※1)
2回目接種後5か月以上
接種対象年齢
1回目の接種日に5~11歳(※2)
3回目の接種日に5~11歳
(※1)1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくをことをお勧めします。

(※2)1・2回目接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

12歳以上用のワクチンとの違い


投与される有効成分量が12歳以上のワクチンと比べて3分の1です。小児用はすべて従来型ワクチンです。(オミクロン株対応2価ワクチンではありません。)

令和4年9月6日より「努力義務」が適用されました

「努力義務」とは、感染症の発生やまん延を予防するために「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定です。四種混合、MR(麻しん風しん混合)、日本脳炎、BCG、水痘(水ぼうそう)などのお子さんが受ける予防接種にも努力義務が適用されています。

令和4年9月2日に開催された厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会にて、オミクロン株流行下での新たな知見を踏まえた議論がされ、令和4年9月6日より、努力義務を適用することとなりました。

努力義務は「義務」とは異なります。接種は強制ではありません。ご本人と保護者が納得した上で接種していただきます。

接種するメリットとデメリットを考慮いただき、接種を受けるご本人(お子さま)や、かかりつけの小児科医ともよくご相談のうえ、接種を受けるかご判断ください。

  今回のワクチン接種の「努力義務」とは何ですか。(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

日本小児科学会が、5歳から17歳までに対する新型コロナワクチンの接種についての考え方を掲載しています。こちらも参考にしてください。

  5~17歳の小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方(日本小児科学会ホームページ)(外部リンク)

もうすぐ12歳の誕生日を迎えるかた


5~11歳用のワクチンと、12歳以上用のワクチンは、別のワクチンです(製造は同じファイザー社でも、別のワクチンです)。

1回目の接種後、2回目の接種前に12歳の誕生日がきた場合は、1回目の接種時の年齢に基づき、2回目も1回目と同じ5~11歳用のワクチンを接種します。

注:1回目の接種を受ける前に12歳の誕生日がきたかたは、1回目も2回目も12歳以上用のワクチンを接種します。

注:5歳から11歳までの接種券と、12歳以上の接種券は同じものです。11歳のお子さまが5~11歳用のワクチン接種を受けずに12歳の誕生日を迎えた場合は、その未使用の接種券を使って12歳以上用のワクチン接種を受けられます。12歳の誕生日を迎えた後に新しい接種券はお送りしません。

新型コロナワクチンQ&A(小児)

小児(5歳から11歳まで)に対する接種についてわからないことがあれば、厚生労働省のホームページで調べることができます。

  5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

  新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)