ICT技術等を活用した遠隔・非対面型のビジネスを支援します

ICT設備導入支援事業

 新型コロナウイルス感染症の影響が拡大する中、ビジネスの世界でも、コロナ以前の対面型ビジネスからの変革が求められつつあります。

 市では、感染リスクの軽減とビジネス領域の拡大を図るため、ICTを活用したテレワーク、在宅勤務制度やウェブ会議システム、キャッシュレス決済等の導入を支援します。

交付対象者

 市内に事業所等を有する事業者(大企業等を除く)

対象事業

①テレワーク等設備導入

 ICTを活用したテレワーク等やウェブ会議システムに必要な情報通信設備や周辺機器、管理ソフト等、勤務場所の改修など

②非対面、非接触、遠隔によるビジネス導入

 ICTを活用することにより、これまでの対面型から非対面型とすることにより、感染リスクを軽減し、アフターコロナの事業展開

・スマートフォンやカードによるキャッシュレス決済

・店舗注文などをタブレットで予約するセルフオーダーシステム

・ICTを活用したオンラインカルチャー教室等

補助率および上限額

 補助率:対象経費の総額の2分の1(上限100万円)

手続きの方法

 事業を実施する前に商工課へご相談ください。

申請期限

 令和3年2月26日(金)