事業経緯・予定《大館市本庁舎建設事業》

大館市本庁舎建設事業 »


現状本庁舎写真.jpg

 大館市役所本庁舎は、昭和29年に建設、昭和51年等の増築を経て、現在に至っています。

 平成21、22年度に老朽化が著しい本庁舎の耐震診断を実施した結果、建築基準法に定める耐震基準を満たしていないことがわかりました。市は当初、耐震補強工事などの方策を検討していましたが、東日本大震災の発生により、防災拠点のあり方や庁舎機能の集中配置による市民の利便性向上などを総合的に再検討することとしました。

 平成24年度設置の有識者や公募市民による「大館市本庁舎建設検討委員会」や、平成25年度設置の市議会による「本庁舎建設に関する特別委員会」などで審議を重ねた結果、庁舎は全面新築とすることとし、建設候補地、延べ面積、機能集約、事業費等に関する事項を取りまとめた「大館市本庁舎建設基本構想」を平成27年2月に策定しました。

 その後、職員による「新庁舎建設庁内検討委員会」を設置し、建設計画の具体的な内容を取りまとめた「大館市本庁舎建設基本計画」を平成28年3月に策定しました。

 平成28年度には「大館市本庁舎建設基本設計業務公募型プロポーザル」を実施し、最優秀提案者と市内企業との共同企業体を設計者とし、市民の意見を取り入れながら「大館市本庁舎建設基本設計」を平成29年6月に作成し、パブリックコメントによりさらに意見を募った後、平成30年9月末「大館市本庁舎建設実施設計」をまとめました。

 工事の入札は、市内業者による特定建設工事共同企業体を対象として条件付一般競争入札を実施した結果、落札者との契約が平成31年3月に締結されました。

 本庁舎の建設工事は、令和2年12月下旬までを工期として行います。工事期間中は、来庁者並びに周辺にお住まいの皆さまにご迷惑とご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

これまでの取り組みの経緯

平成22年度   本庁舎の耐震診断を実施

平成24年8月  本庁舎建設検討委員会を設置

平成25年3月  本庁舎建設検討委員会が市長に答申

平成25年6月  市議会に本庁舎建設に関する特別委員会を設置

平成26年8月  本庁舎建設基本構想(案)を策定しパブリックコメントを実施

平成27年2月  大館市本庁舎建設基本構想策定

平成27年7月  新庁舎建設庁内検討委員会及び庁内検討部会を設置

平成27年12月  本庁舎建設基本計画(案)を策定しパブリックコメントを実施

平成28年3月  大館市本庁舎建設基本計画策定

平成28年5月  基本設計業務公募型プロポーザル実施

平成28年10月  基本設計開始(設計者と契約締結)

平成28年11月  第1回市民ワークショップ、第1回大館デザイン会議開催

平成28年12月  第2回市民ワークショップ開催

平成29年1月  第3回市民ワークショップ、第2回大館デザイン会議開催

平成29年4月  第3回大館デザイン会議開催

平成29年6月  大館市本庁舎建設基本設計完成

平成29年7月  基本設計に対しパブリックコメントを実施

平成29年10月  実施設計開始(設計者と契約締結)

平成30年9月  大館市本庁舎建設実施設計完成

平成30年11月  大館市本庁舎建設工事(建築工事)の公募開始

平成30年12月  大館市本庁舎建設工事(電気・機械設備工事)の公募開始

平成31年3月  建設工事業者との本契約締結(3月議会)

平成31年4月  安全祈願祭の開催

今後の予定

令和 2年12月  工事完成

令和 3年 5月  新庁舎で業務開始

令和3年度内   現本庁舎等解体

令和5年度内  Ⅱ期工事開始(車寄せ・駐車場等整備)

令和6年度内  Ⅱ期工事完成

発掘調査予定

平成28~30年度 前期発掘調査(新庁舎建設地)

令和 3~5年度  後期発掘調査(現庁舎解体跡地)