不妊治療費支援

 市では、不妊治療の経済的負担を軽減し、安心して治療が受けられるよう、不妊治療等の費用助成を行っています。

 令和2年度から下記のとおり助成内容が変更になりました(治療開始日が令和2年4月1日以降の治療が対象)。

 ・一般不妊治療と不育症治療の費用助成の開始

 ・特定不妊治療の費用助成額の引き上げ

 ・申請条件:所得制限なし

不妊治療費支援の対象者

 次のすべてを満たすご夫婦

 (1)法律上婚姻をしている

 (2)申請日の1年以上前から大館市に住民登録をしている(いずれか一人でも可)

特定不妊治療費助成

対象となる特定不妊治療

 体外受精または顕微授精

助成対象年齢

 治療開始時の妻の年齢が43歳未満

助成期間と回数

 令和2年度以前の助成回数も含む通算回数

治療開始時の妻の年齢 通算助成回数
初回40歳未満 通算9回
初回40歳~42歳 通算3回

助成金額

 1回につき10万円~30万円まで(限度額)

 ※県による助成を受けた場合は、その額を控除した金額について助成します。

 

申請手続き

 県助成事業の承認(不承認)決定を受けてから、3カ月後の月の末日までに市に申請してください。

 (事前に申請日時のご連絡をお願いします。)

詳しくはこちら

・大館市不妊治療費等助成金交付申請書

大館市不妊治療費等助成金交付申請書(記入例)

請求書

・請求書(記入例)

・債権者登録申請書

・債権者登録申請書(記入例)

・秋田県特定不妊治療費助成事業

一般不妊治療費助成

対象となる一般不妊治療

 特定不妊治療以外の不妊治療(不妊検査を含む)

 (診断のための検査、タイミング療法、人工授精、薬物療法、男性不妊治療等)

助成金額

 1年度あたり15万円まで(限度額)

 ※一般不妊治療に要した費用の自己負担額を助成します。また、限度額以内であれば、複数回の申請も可能です。

申請手続き

 治療終了後、3カ月後の月の末日までに市に申請してください。

 (事前に申請日時のご連絡をお願いします。)

詳しくはこちら

・大館市不妊治療費等助成金交付申請書 

・大館市不妊治療費等助成金交付申請書(記入例)

・大館市一般不妊治療受診等証明書

請求書

・請求書(記入例)

・債権者登録申請書

・債権者登録申請書(記入例)

不育症治療費助成

対象となる不育症治療

 不育症と診断されたかたに対する検査および治療

 (流産や死産を繰り返す場合の治療や検査)

助成金額

 1年度あたり15万円まで(限度額)

 ※不育症治療に要した費用の自己負担額を助成します。また、限度額以内であれば複数回の申請も可能です。

 

申請手続き

 治療終了後、3カ月後の月の末日までに市に申請してください。

 (事前に申請日時のご連絡をお願いします。)

詳しくはこちら

・大館市不妊治療費等助成金交付申請書

・大館市不妊治療費等助成金交付申請書(記入例)

・大館市不育症治療受診等証明書

請求書

・請求書(記入例)

・債権者登録申請書

・債権者登録申請書(記入例)