シンポジウム「出羽のエミシの興亡」を開催します

 オンラインで各地をつなぎ「出羽のエミシの興亡」をテーマにシンポジウムを開催します。
 秋田考古学協会会長 高橋 学 氏を講師に招き、文献史料や考古資料からみる出羽のエミシや、片貝家ノ下遺跡の調査などについて学びます。
 参加したいかたは事前にメールで申し込みが必要です。詳しくは下記の「申し込み」をご覧ください。

とき

11月27日(土)
午後1時~午後4時30分

ところ

Web会議システム「Zoom」で開催します。
次の会場で同時上映も行います。
・大館市北地区コミュニティセンター
(大館市有浦一丁目8番15号)

テーマ・講師

・『出羽のエミシの興亡』
  秋田考古学協会会長 高橋 学 氏
・『雄物川周辺の「エミシ」と清原氏』
  横手市教育委員会 島田 祐悦 氏
・『米代川周辺の埋没建物から「エミシ」の動向を探る』
  北秋田市教育委員会 榎本 剛治 氏
・『米代川周辺の古代防御性集落』
  大館市教育委員会 嶋影 壮憲
・『比内の「エミシ」を語る』
  北羽歴史研究会会長 虻川 嘉久 氏

料金

無料

申し込み

メール本文に下記の必要事項を記載し、送信してください。
参加方法によって申し込み先が異なるのでご注意ください。

必要事項

・氏名
・住所
・出身地(市町村まで)
・自分のメールアドレス
・連絡方法(例:携帯電話の番号)
・シンポジウムを知ったきっかけ(例:大館市の広報)

申し込み先

オンライン(Zoom)で参加するかた
ishida-kento@pref.akita.lg.jp
(秋田県東京事務所内 石田・千葉 TEL 03-5212-9112)
※先着80人

同時上映会場で視聴するかた
kaku-abu-kawa@titan.ocn.ne.jp
(北羽歴史研究会 虻川 TEL 090-5180-4019)

主催・共催・後援

主催

北東北歴史懇話会(秋田産業サポータークラブ)

共催

秋田考古学協会
北羽歴史研究会

後援

秋田県教育委員会
大館市
北秋田市
横手市
東アジアの古代文化を考える会
考古学を科学する会
全国邪馬台国連絡協議会
邪馬台国の会
えみし学会

 [230KB]  [154KB]

シンポジウム「出羽のエミシの興亡」チラシ_表[PDF:1004KB]

シンポジウム「出羽のエミシの興亡」チラシ_裏[PDF:515KB]