「田中孝一氏を偲んで 大館郷土博物館所蔵 戸嶋靖昌全作品展」を開催します

 銀座・清澄画廊の田中孝一氏(1941-2024)は、画家・戸嶋靖昌(1934-2006)を公私にわたり援助しました。
 田中氏が初めて当館を訪れたのは2007年、戸嶋の遺作展の開催依頼のためでした。同年8月に遺作展「望郷50年 魂の画家・戸嶋靖昌展」が開催されてからは、戸嶋作品を含む田中氏のコレクション(通称「清澄コレクション」)が当館に寄贈されるようになり、計320点、うち戸嶋作品69点が当館蔵となりました。
 清澄コレクションによる展覧会は当館の夏の風物詩となり、田中氏も毎夏来訪され来館者との交流を深めてきましたが、令和6年1月、氏は残念ながら逝去されました。田中氏を悼み、当館が収蔵する戸嶋靖昌作品の全点を展示します。

とき

7月13日(土)~8月18日(日)

ところ

大館郷土博物館(秋田県大館市釈迦内字獅子ヶ森1番地)

開館時間

午前9時~午後4時30分(入館は30分前まで)

休館日

月曜(月曜が祝日のときは開館し翌平日休館)

入館料

一般330円、大学生以下は期間中の入館料が無料になります

主催

大館郷土博物館

 [326KB]  [193KB]

田中孝一氏を偲んで_大館郷土博物館所蔵_戸嶋靖昌全作品展_チラシ(表)[241KB]

田中孝一氏を偲んで_大館郷土博物館所蔵_戸嶋靖昌全作品展_チラシ(裏)[342KB]