社会資本総合整備計画(区画整理)

 市では、区画整理事業に、国土交通省の社会資本整備総合交付金を一部財源として利用しています。

 この交付金を受けるためには、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することが必要です。また、整備計画

を作成したとき、計画期間が終了したときは、これをインターネットの利用により公表することになっています。

 【社会資本整備総合交付金とは】

 社会資本整備総合交付金は、平成22年度に国土交通省が創設した交付金で、活力創設、水の安全・安心、市街地整備、地

域住宅支援といった政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基

幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本総合整備やソフト事業を総合的・一体的に支援するものです。

社会資本総合整備計画

 これまでに作成した社会資本総合整備計画について公表します。

 安全・安心、ゆとりと安らぎのある都市空間創造(平成26年度から平成30年度まで)[PDF:126KB]

 安全・安心、ゆとりと安らぎのある都市空間創造(令和1年度から令和5年度まで)[PDF:547KB]

 安全・安心、ゆとりと安らぎのある都市空間創造(令和1年度から令和5年度まで)第1回変更[PDF:191KB]

整備計画の事後評価

 計画期間が終了した社会資本総合整備計画について、目標の実現状況等について事後評価を行いましたので公表します。

 安全・安心、ゆとりと安らぎのある都市空間創造(平成26年度から平成30年度まで)事後評価書[PDF:21KB]