市たばこ税

たばこの製造業者や輸入業者が、小売販売店に売り渡すときに課税されます。これはたばこ購入代金に含まれています。

税額について

平成30年度の税制改正でたばこ税の見直しが行われ、下記のとおり税率が引き上げられました。

(1,000本当たりの税額)
平成30年4月以降 平成30年10月以降 令和元年10月以降 令和2年10月以降
一般紙巻きたばこ 5,262円 5,692円 変更なし 6,122円
旧3級品紙巻きたばこ 4,000円 変更なし 5,692円

※旧3級品は、わかば・しんせい・エコー等の銘柄です。

納付について

卸売販売業者等が、毎月の税額を翌月末日までに申告し、納付します。

手持品課税について

たばこの販売業者等が、たばこ税率の引上げ日午前0時現在において、一定数量以上の製造たばこを販売のために所持する場合に、その所持する製造たばこに、税率の引上げ分に相当するたばこ税が課税されます。 ※平成30年10月1日実施のたばこ税の手持品課税についての詳細は、以下の国税庁ホームページをご覧ください。

平成30年10月1日実施のたばこ税の手持品課税について

加熱式たばこに係る課税方式の見直しについて

平成30年度の税制改正によって、「加熱式たばこ」の区分が新たに設けられるとともに、紙巻たばこへの本数への換算方法が見直され、重量及び小売定価を基に換算することとなりました。計算式及び「加熱式たばこの簡易換算表」は、以下の国税庁ホームページをご覧ください。

加熱式たばこに係る課税方式の見直しについて