移送サービス利用券、高齢者バス券の交付

 移送サービス利用券


高齢者や障害者(満65歳以上)が、通院したり福祉制度の利用や申請をしたりする際に、一般の交通機関を利用することが困難なかたが、福祉タクシー(リフト付車両及びストレッチャー装着ワゴン)を利用する場合、月あたり2枚の移送サービス利用券を交付しています。
ただし、市民税非課税世帯に属する要介護4または要介護5の認定を受けているかた、市民税非課税世帯に属する車イスを常時利用しているかたが対象です。

片道の移送所要時間により、次のとおり給付となります。

  • 30分以内   1,500円
  • 1時間以内   2,000円
  • 1時間を超える 2,500円
  • 料金が1,500円未満の場合はその実費 

※上限を超えた分は自己負担となります。

申請をご希望のかたは、んをご持参のうえ、長寿課窓口へお申し出ください。

高齢者バス券

遠隔地の医療機関へ通院のため定期的にバスを利用し、その運賃が高額となっている65歳以上のかたに、1年度あたり5,000円分のバス回数券を交付しています。

ただし、次のかたは交付の対象となりません。

  1. 医療機関までのバス運賃が片道400円未満のかた
    (身体障害者手帳の交付を受けている場合は、バス運賃割引制度を適用後の額が片道400円未満)
  2. 寝たきりや認知症のため、一人でバスを利用できないかた
  3. 移送サービス利用券の交付を受けているかた
  4. 重度心身障害者(児)移送費給付を受けているかた
  5. 市民税課税世帯に属するかた

申請に必要なもの

  1. 月1回以上通院されている病院の診察券
  2. 印かん

申請をご希望のかたは、長寿課窓口へお申し出ください。

なお、バス券は申請者ご本人にのみ交付いたします。