高額介護サービス費

介護サービス費用が高額になったときは

利用者が同じ月内に受けた、在宅サービスまたは施設サービスの利用者負担の合計(同じ世帯に複数の利用者がいる場合は世帯合計額)が、利用者負担の上限額(下表参照)を超えた場合、申請することで「高額介護サービス費」が支給されます。

利用者負担の1か月あたりの上限額

利用者負担の1か月あたりの上限額一覧

段階区分

利用者負担上限額(月額)

 現役並み所得者がいる世帯のかた

44,400円(世帯)

 世帯内に市民税課税者がいるかた

37,200円(世帯)

 世帯全員が市民税非課税のかた

24,600円(世帯)

 世帯全員が市民税非課税のかたの中で、

 ・前年の合計所得金額および課税年金収入額の

  合計が80万円以下のかた

 ・老齢福祉年金の受給者

15,000円(個人)

 ・生活保護の受給者

 ・利用者負担上限額を15,000円に減額すること

 により、生活保護の受給者とならないかた

15,000円(個人)

現役並み所得者とは

65歳以上のかたで課税所得145万円以上のかた。ただし、下記に該当する場合、その旨を

市にあらかじめ申請することで利用者負担上限額が37,200円になります。

  • 同一世帯内に65歳以上のかたが1人の場合:収入が383万円未満
  • 同一世帯内に65歳以上のかたが2人以上いる場合:収入の合計額が520万円未満

※「課税所得」・・・収入から公的年金等控除、必要経費、給与所得控除等の地方税法上の控除金額を差し引いた後の額をいいます。

このような費用は対象となりません

  • 福祉用具購入費の利用者負担分
  • 支給限度額を超える利用者負担額
  • 住宅改修費の利用者負担分
  • 居住費(滞在費)・食費・日常生活費など