風しんの追加的対策について

 

対象のかたに風しん抗体検査と風しん予防接種を実施します

 平成30年7月以降、特に関東地方において風しんの患者が増加しており、その患者の多くは30代から50代の男性です。風しんの公的な予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。そのため、国では令和4年3月31日までの期間に限り、上記生まれの男性を風しんの第5期の定期接種の対象者とし、風しん抗体検査と予防接種を実施することになりました。大館市では、令和2年度対象となるかたに抗体検査および予防接種が無料で受けられるクーポン券を3月下旬に送付しました(令和元年度に抗体検査を受けたかたを除きます)。

 

対象者

抗体検査および予防接種実施日に大館市に住所を有する、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

 

令和2年度のクーポン券送付対象者

大館市に住所を有する、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

(ただし、令和元年度に抗体検査を受けたかたを除く)

 ※令和元年度に大館市が交付したクーポン券は、有効期限が切れているため使用できません。

※転入されたかたで転入前の市町村が発行したクーポン券をお持ちのかたや、クーポン券を紛失されたかたは、健康課へお問い合わせください。なお、転入前の自治体で実施したかたは、今回実施する必要はありません。

 

令和2年度クーポン券送付時期

令和2年3月下旬

 

検査および接種料金

無料

 

実施期間

(1)抗体検査:令和2年4月1日(水)~令和3年12月31日(金)

(2)予防接種:令和2年4月1日(水)~令和4年1月31日(月)

 

実施機関

(1)市内の実施機関一覧(令和2年3月末現在)(PDF:139KB)

(2)市外および県外の実施機関(厚生労働省ホームページ)

※実施日や実施時間など、詳細は実施機関に直接お問い合わせください。

※抗体検査は、医療機関のほか、市の特定健康診査(集団健診方式)でも受けられます。また、事業所健診
 (事業所において定期に実施する健康診断)の機会に一緒に受けられる場合がありますので、実施時期や
 実施方法などの詳細については、勤務先の健診担当にお問い合わせください。             

 

実施方法

1.実施機関に予約をして、下記の持ち物を持参し実施機関で抗体検査を受ける。
<抗体検査時に必要な持ち物:抗体検査クーポン券、抗体検査受診票、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)>

2.後日、抗体検査の結果を確認する(結果がわかる日や結果の通知方法は、実施機関により異なります)

3.抗体検査の結果、十分な量の風しんの抗体がないことがわかった場合、実施機関に予約をして、下記の持ち物を持参し実施機関で予防接種を受ける。
<予防接種時に必要な持ち物:予防接種クーポン券、抗体検査の結果がわかる書類等、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)>

  [308KB]

 

風しんの追加的対策についての詳細

厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」(外部リンク)