「青ガエル」の車両内部を期間限定で一般公開します

 渋谷と大館の交流の象徴として、秋田犬の里に移設された「青ガエル」の車両内部を期間限定で一般公開します。
 車両内では、交流のきっかけとなった忠犬ハチ公を中心に歴史の変遷を展示します。
 一般公開期間終了後は、秋田犬の里から移送してしばらくの間補修作業に入りますので、ぜひこの機会にご覧ください。

一般公開期間(※現在補修作業中のため、公開されていません)

 11月1日(日)~8日(日)
 ※補修期間は、11月中旬から令和3年3月中旬までの予定です。

 一般公開に先立ち、渋谷と大館の関係者による移設記念のセレモニーを下記のとおり開催します。

「青ガエル」移設記念セレモニー

 とき:11月1日(日) 12時~
 ところ:大館市観光交流施設 秋田犬の里 「青ガエル」前

「青ガエル」プロジェクト

 大館生まれの忠犬ハチ公を縁として交流を続ける渋谷と大館は、忠犬ハチ公銅像維持会の交流や渋谷くみん祭への参加、防災協定の締結など、年を追うごとに親交が深化しています。

 現在、大規模な再開発によって大きく姿を変える渋谷区で、その街並みを忠犬ハチ公銅像とともに見守ってきた「青ガエル」の活用が模索されていた中、忠犬ハチ公が上野博士の帰りを待ち続けた二代目渋谷駅をモチーフとした「秋田犬の里」に、渋谷と大館のさらなる親交の象徴として移設されました。

 秋田犬の里を訪れる方々の憩いの場としてだけではなく、忠犬ハチ公をテーマに両市区の歴史を紹介するなどさまざまな情報発信の拠点として活用することで「忠犬ハチ公のふるさと大館」をより多くの皆さまに知っていただくとともに、渋谷と大館の交流をより一層深化させていきます。