プロフィール

少年自然の家から見た大館市全景
大館市は、秋田県北東部出羽山地を縫って流れる米代川と長木川の清流沿いに開けた大館盆地にあります。北緯40度16分、東経140度34分。秋田、青森、岩手の北東北三県の要衝の地であり、古くから人々が定着し、縄文時代早期の遺跡も残っています。

明治22年(1889年)町制を施行、鉱石と秋田杉の美林に恵まれ、県北部の政治、経済、文化の中心都市として大館は発展しました。
昭和26年(1951年)4月1日、大館町と釈迦内村が合併し、大館市が誕生しました。さらに昭和30年(1955年)3月1日には、5村(長木村、上川沿村、下川沿村、真中村、二井田村)を編入、同年3月31日には、十二所町を編入、昭和42年12月21日には花矢町を編入しました。平成17年(2005年)6月20日に、比内町、田代町を編入し、現在の市域を形成するに至りました。

面積は、913.22平方キロメートル、人口約7万3千人。自然環境に恵まれ、あきた北空港(大館能代空港)や日本海沿岸東北自動車道などの高速交通体系の整備や各種施設の充実などの住環境、経済環境の整備が進み、大館市は、北東北の拠点都市へと飛躍の時を迎えています。