わくわくサイエンス「雪と氷の観察」を開催します

 雪の結晶の観察や、水が一瞬で凍る「過冷却水 (かれいきゃくすい)」 の実験などを通し、雪と氷の不思議を体験しましょう。
 気象予報士が解説します。

とき

 1月29日(土)午前9時15分~午前10時45分

ところ

 大館郷土博物館 2階および屋外

対象

 小学生(低学年は保護者同伴)
 ※未就学児の弟妹も保護者同伴で観察できます。

定員

 10人(先着)

費用

 無料

持ち物

 ・手袋(素手だと雪の結晶がとけやすいため、必ず持参してください)
 ・筆記用具

申し込み

 大館郷土博物館(TEL 0186-43-7133)に電話してください。
 12月25日(土)から受け付けます。
 月曜および年末年始(12月29日から1月3日まで)は休館します。

その他

 屋外で活動するため、暖かい服装でお越しください。
 当日の気温によって内容を変えることがあります。

 わくわくサイエンスについて詳しくは こちら

 「雪と氷の観察」ポスター[PDF:213KB]

 [364KB]