高齢者インフルエンザ予防接種費用の一部を助成します

 対象となるかたで、予防接種を希望するかたは、インフルエンザが流行する前の12月中旬頃までに受けましょう。

対象となるかた

(1)65歳以上のかた

(2)60歳以上65歳未満で、心臓・じん臓・呼吸器・免疫機能に重い障害があるかた(身体障害者手帳1級程度)

※対象年齢の誕生日前日から助成の対象となります。
※(2)のかたは、医療機関に身体障害者手帳または医師の診断書をご持参ください。

上記のかた以外の予防接種費用の一部助成については、こちらをご覧ください。

接種費用助成期間

令和2年10月1日(木)~令和3年2月28日(日)

接種回数

1回

助成金額

2,000円(1人1回限り)

接種料金

医療機関の定める接種料金

※医療機関からは、接種料金から2,000円を差し引いた金額が請求されます。
※生活保護世帯のかたは、医療機関窓口で緊急時医療依頼証を提示すると無料になります。

予防接種当日の持ち物

  • 健康保険証
  • 接種料金
  • 身体障害者手帳または医師の診断書(60歳以上65歳未満で心臓・じん臓・呼吸器・免疫機能に重い障害があるかた)
  • 緊急時医療依頼証(生活保護世帯のかた)

実施医療機関


令和2年度高齢者インフルエンザ予防接種協力医療機関一覧 (PDF:102KB)

予防接種を受けることができないかた

  1. 明らかに発熱のあるかた
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなかた
  3. ワクチンの成分によってアナフィラキシーを起こしたことが明らかなかた
    (アナフィラキシーとは、通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。)
  4. インフルエンザ予防接種後、2日以内に発熱のみられたかた、および全身性発疹などのアレルギーを疑う症状を起こしたかた
  5. その他、医師が不適当な状態と判断したかた

予防接種時に注意が必要なかた

  1. 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害などの基礎疾患があるかた
  2. 過去にけいれんの既往があるかた
  3. これまでに免疫不全と診断されたことがあるかた、近親者に先天性免疫不全症の人がいるかた
  4. 間質性肺炎、気管支喘息等の呼吸器系疾患があるかた
  5. 予防接種のワクチンの成分に対してアレルギーをおこす可能性があるかた