軽自動車税

軽自動車税(種別割)

軽自動車税(種別割)について

 税制改正により、令和元年10月1日より、名称が「軽自動車税」から「軽自動車税(種別割)」に変更されました。
 なお、税率等に変更はありません。

納税義務者

 4月1日現在において、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車を所有している方(所有権保留付の車両は、買主(使用者)が所有者とみなされます。)

課税の対象となる軽自動車等

  ・原動機付自転車(125cc以下)

  ・軽自動車(二輪250cc以下、三輪、四輪、雪上車、被けん引車)

  ・小型特殊自動車(農作業用、その他)

  ・二輪の小型自動車(251cc以上)

 4月1日に取得した車両については課税されます。
 4月1日に抹消された車両については課税されません。
 軽自動車税(種別割)には月割課税の制度はありません。

税 率

 4月1日を賦課期日として、車両の種類に応じて下表のとおり課税されます。

1.原動機付自転車・二輪車・小型特殊自動車等

種 類 税 額
 原付一種(50cc以下) 2,000円
 原付二種(乙)(50ccを超え90cc以下) 2,000円
 原付二種(甲)(90ccを超え125cc以下) 2,400円
 ミニカー 3,700円
 小型特殊自動車(農耕用) 2,400円
 小型特殊自動車(その他) 5,900円
 雪上車 3,600円
 二輪車(125ccを超え250cc以下) 3,600円
 二輪の小型自動車(250ccを超える) 6,000円
 被けん引車 3,600円

  

2.三輪及び四輪の軽自動車

車種区分 初度検査年月※1 ごとの税額
平成19年3月以前の車両
〔重課税率〕※2
平成19年4月から
平成27年3月までの車両
〔旧税率〕
平成27年4月以後の車両〔新税率〕
 三輪車 4,600円 3,100円 3,900円
 四輪乗用(営業用) 8,200円 5,500円 6,900円
 四輪乗用(自家用) 12,900円 7,200円 10,800円
 四輪貨物(営業用) 4,500円 3,000円 3,800円
 四輪貨物(自家用) 6,000円 4,000円 5,000円

※1 初度検査年月は、自動車検査証に記載されています。
※2 4月1日時点で初度検査年から13年経過している車両が対象となります。ただし、動力源または内燃機関の燃料が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリン電力併用の軽自動車は除きます。

 

3.グリーン化特例について

 平成31年4月1日から令和2年3月31日までに新規取得した三輪以上の軽自動車(新車に限る)で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、特例措置が適用され、令和2年度分の軽自動車税(種別割)が軽減されます。(軽減となるのは1年間だけです。)
 軽減率は条件によって異なります。

車種区分 税額
(ア)
概ね75%減税
(イ)
概ね50%減税
(ウ)
概ね25%減税
 三輪車 1,000円 2,000円 3,000円
 四輪乗用(営業用) 1,800円 3,500円 5,200円
 四輪乗用(自家用) 2,700円 5,400円 8,100円
 四輪貨物(営業用) 1,000円 1,900円 2,900円
 四輪貨物(自家用) 1,300円 2,500円 3,800円

(ア)①電気軽自動車

   ②天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス基準10%低減達成車 又は 平成30年排出ガス規制適合車)

(イ}(ウ)平成17年排出ガス基準75%低減達成(☆☆☆☆)又は 平成30年排出ガス基準50%低減達成し、かつ、以下の燃費性能基準を満たしている車両

  (イ):【 乗 用 】平成32年度(令和2年度)燃費基準+30%達成車【 貨物用 】平成27年度燃費基準+35%達成車

  (ウ):【 乗 用 】平成32年度(令和2年度)燃費基準+10%達成車【 貨物用 】平成27年度燃費基準+15%達成車

  ※(イ)、(ウ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。
  ※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

 

登録と廃車手続きについて

原動機付自転車・小型特殊自動車の登録、名義変更、廃車手続き

 大館市役所市民部税務課諸税係、比内総合支所市民生活係、田代総合支所市民生活係で受け付けしています。

○ 申請に必要なもの

・登録(または廃車)する車両を特定するための車名、型式及び年式、原動機の型式、車台番号、型式認定番号、総排気量を確認できるもの。

・所有者の印鑑(名義変更は新旧所有者が必要)

※廃車手続きの場合は、対象車両のナンバープレートの返納が必要です。

 

軽自動車・二輪小型自動車の登録、名義変更、廃車手続き

 大館北秋田自動車協会(観音堂車検場内:℡0186-43-2281)で手続きをしてください。また、必要書類についても大館北秋田自動車協会へご確認ください。

(注)廃車手続きの場合、3月に入ると混み合い、3月末までに間に合わない場合がありますので早めに手続きをお願いします(手続きが4月にずれ込むと課税されます)。

 

 

軽自動車税(種別割)の減免について

 軽自動車税納税通知書を受け取った日から納期限7日前までの間、下記1~3について、減免の申請を受け付けます。申請は、毎年必要となります。
 なお、マイナンバー制度の開始により、減免申請書に(個人番号、法人番号)の記載欄が設けられました。マイナンバーを記載して手続きを行う場合は、番号法の規定に基づき、「個人番号の確認」と「本人確認」が必要となります。番号が確認できる書類を忘れずにご持参ください。
 また、代理人のかたが個人番号を記載して申請する場合は、「個人番号の確認」と代理人の「本人確認」と委任状が必要となります。

個人番号の確認できる書類 個人番号カード、通知カード、個人番号が記載された住民票

  

  減免申請用 委任状(PDF:16.6KB)

 ※ なお、個人番号、法人番号の記載がなくても申請書は受理します。また、確認資料等の不足により確認ができない場合は、申請書への個人番号の記載がないものとして受理します。

 

1 身体障害者等減免

 体が不自由なかたや、心身の発達に障害があるかたで、下表「減免の対象となる身体障害者等の範囲」に掲げる障害の区分及び等級に該当するかたが所有する軽自動車・バイクが対象となります。リース車は対象になりません。また、1人の障害者に対し1台のみが減免対象となりますので、普通自動車で減免を受けている場合は、軽自動車税(種別割)の減免は受けられません。

 

○ 申請に必要なもの

軽自動車税(種別割)減免申請書(身障減免用) (PDF:10.6KB)

・身体障害者手帳・戦傷病者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳のいずれか

・運転者の運転免許証

・印鑑(納税義務者)

・軽自動車税(種別割)納税通知書

※減免対象車両は「自動車」「軽自動車」「バイク」などです。「小型特殊自動車(農耕用・その他)」で減免を受けることはできません。

減免の対象となる身体障害者等の範囲

(1)身体障害者手帳をお持ちのかた

障害の区分 本人が運転する場合 家族や常時介護者が運転する場合
1 視覚障害 1級から4級までの各級 1級から4級までの各級
2 聴覚障害 2級及び3級 2級及び3級
3 平衡機能障害 3級 3級
4 音声機能障害
(喉頭摘出者に限る)
3級 該当になりません
5 上肢不自由 1級及び2級 1級及び2級
6 下肢不自由 1級から6級までの各級 1級から3級までの各級
7 体幹不自由 1級から3級までの各級及び5級
8 乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害 上肢
機能
1級及び2級
(1上肢のみの運動機能障害を除く)
1級及び2級
(1上肢のみの運動機能障害を除く)
下肢
機能
1級から6級までの各級 1級から3級
(1下肢のみの運動機能障害を除く)
9 心臓機能障害 1級及び3級 1級及び3級
10 じん臓機能障害
11 呼吸器機能障害
12 小腸の機能障害
13 ぼうこう又は直腸の機能障害 1級、3級及び4級
14 ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1級から3級までの各級 1級から3級までの各級
15 肝臓機能障害 1級から3級までの各級 1級から3級までの各級

 

(2)戦傷病者手帳をお持ちのかた

障害の区分 本人が運転する場合 家族や常時介護者が運転する場合
1 視覚障害 特別項症から第4項症までの各項症 特別項症から第4項症までの各項症
2 聴覚障害
3 平衡機能障害
4 音声機能障害
(喉頭摘出者に限る)
特別項症から第2項症までの各項症 該当になりません
5 上肢不自由 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症
6 下肢不自由 特別項症から第6項症までの各項症及び第1款症から第3款症までの各款症
7 体幹不自由 特別項症から第4項症までの各項症
9 心臓機能障害 特別項症から第3項症までの各項症 特別項症から第3項症までの各項症
10 じん臓機能障害
11 呼吸器機能障害
12 小腸の機能障害
13 ぼうこう又は直腸の機能障害
14 肝臓機能障害

 

(3)療育手帳をお持ちのかた

 児童相談所または福祉相談センターで重度の知的障害者と判定されて、療育手帳の「障害程度(総合判定)」欄にAと記載されているかた

 

(4)精神障害者保健福祉手帳をお持ちのかた

 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律により精神障害者と判定されて、精神障害者保健福祉手帳に1級と記載されているかた

 

2 公益減免

 社会福祉事業を行うことを目的とする公益法人等収益事業を行わないものが所有者で、公益のため直接専用する軽自動車について、減免の申請を受け付けます。
 リース車は対象になりません。

 

○ 申請に必要なもの

・定款またはそれにかわる書類(初めての申請の場合)

軽自動車税(種別割)減免申請書(公益減免用) (PDF:47.6KB)

・印鑑(納税義務者)

・軽自動車税(種別割)納税通知書

 

3 構造による減免

 身体に障害のあるかたが専ら利用するため、車いすの昇降装置、固定装置等の特別仕様の軽自動車について、減免の申請を受け付けます。
 自動車車検証の「車体の形状」欄が「車いす移動車」「身体障害者輸送車」等と記載されている特殊用途自動車(8ナンバー)が対象となります。

 

○ 申請に必要なもの

・自動車車検証のコピー

軽自動車税(種別割)減免申請書(構造減免用) (PDF:11.7KB)

・印鑑(納税義務者)

・軽自動車税(種別割)納税通知書 

 

 

ご当地ナンバーについて

 当市では平成25年4月1日から、下記のとおり原動機付自転車等の新課税標識(ご当地ナンバープレート)を導入しています。

1 対象車種

 ①原動機付自転車(第1種):白 (ナンバー見本白)

 ②原動機付自転車(第2種乙):黄 (ナンバー見本黄)

 ③原動機付自転車(第2種甲):桃 (ナンバー見本桃)

 ④ミニカー:青 (ナンバー見本青)

 ⑤小型特殊自動車(農耕用、その他):緑(ナンバー見本緑)

 

2 デザイン

 生まれ故郷が大館である「忠犬ハチ公」のキャラクターを右側に配置し、市の象徴風景である鳳凰山を背景としたもの(大館市の赤い「大」の字は、鳳凰山の大文字焼きの様子を表しています)。

 ※ なお、従来からのナンバープレートとの選択制としています。また、従来のものからご当地ナンバープレートへの交換も行っています。 

 

 軽自動車税(環境性能割)について

 税制改正より、令和元年9月30日をもって県税の自動車取得税が廃止され、令和元年10月1日から、新たに市税として軽自動車税(環境性能割)が創設されました。
 なお、賦課徴収は、当分のあいだ秋田県が行うこととなっています。

 

 軽自動車税(環境性能割)の税率 

 令和元年10月1日以降、新車・中古車を問わず軽自動車の取得時に課税されます。ただし、取得価格が50万円以下の場合は課税されません。
 税額は、取得価格に下表の税率をかけた額です。

 (臨時的軽減
   令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の軽自動車を取得する場合、税率が1%軽減されます。

区  分 税  率
自家用(取得日) 営業用
令和元年10月1日
~令和2年9月30日
令和2年10月1日~
電気軽自動車、天然ガス軽自動車 ※1 非課税 非課税 非課税
ガソリン車(ハイブリッド車含む)※2 令和2年度燃費基準+20%達成車
令和2年度燃費基準+10%達成車
令和2年度燃費基準達成車 1% 0.5%
平成27年度燃費基準+10%達成車 1% 2% 1%
上記以外 2%

 ※1 平成30年排出ガス規制適合または平成21年排出ガス規制からNox10%低減達成。

 ※2 平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車に限る。